都市災害を生き延びる術を学ぶ、伝える

Start content

大きな災害の後に必ずやってくる「自助」という段階に備える

大地震等の発生後、避難所等の「控除」へ辿り着く前に、まずは自分や大切な人の命を自分たちで守らなければなりません。
その初期段階を「自助」と呼びます。
自助に必要となる技術や知識を、多くの方と共有するべく、Japan Urban Survival School の活動は、東日本大震災後間も無く始まりました。

イザという時に落ち着いて行動が起こせるリーダーになる!

主にライフラインの寸断にしっかりと備え、対応、生存する事が出来、
自分や大切な人の命を守る術を身につける「JUSS認定 災害対策アドバイザー講習」。
あらゆる災害、それに付随して起きる二次災害に対し、しっかりと対策行動プランを立てる事が出来、
また、それを人に伝える事の出来る「JUSS認定 災害対策インストラクター講習」。
上記二つの講習をを柱とし、また講師派遣なども積極的に行っております。

コース概要

「JUSS認定災害アドバイザー講習」、「認定災害対策インストラクター講習」、各コースの詳細はこちらをご覧ください。

詳細を見る

開催スケジュール

JUSS認定災害対策アドバイザー /インストラクターコースの開催スケジュール、詳細などはこちらをご覧ください。

詳細を見る

ABOUT

Japan Urban Survival Schoolの紹介、運営団体CMLEについて、JUSS校長川口拓の紹介ページです。

詳細を見る
PAGE TOP